散歩の途中

散歩の途中で観察記録、その後少し調べて書くノート

川をあるく

葛西用水を歩く 会の川合流から遡り利根川・元圦へ

葛西用水をさかのぼって歩き、今回は利根川からの取水口(元圦=もといり)があった場所まで行きます。 会の川(あいのかわ)合流地点(加須市北大桑)から、前回のつづき。合流地点の下流側から〈再掲〉 前方の水門が合流地点、手前は二条の流れができてます…

葛西用水を歩く 大落古利根川起点から遡って会の川合流まで

先に埼玉県東部を流れる大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)を起点まで歩きました。 大落古利根川を歩く 杉戸・清地橋から河川起点まで - 散歩の途中 源流でなく『起点』、水の流れは連続してますが呼び名、行政上の管理などが変わるポイントということで…

葛西用水の逆川部分、瓦曽根溜井から古利根堰を歩く

前回ノートまで記録していた大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)つながりでもありますが、今回は葛西用水逆川(さかさがわ)部分を歩記録〈あるきろく〉しました。 葛西用水は1660(万治3)年に開通した灌漑用水路。埼玉県羽生市の利根川堤防に樋管を通して取…

大落古利根川を歩く 杉戸・清地橋から河川起点まで

杉戸町役場近くの清地橋(せいじばし)は宮代町との境界に架かってる橋で、とタイトルの些細な齟齬にこだわりつつ、ここから今回はスタート。このあたりはずっと大落古利根川が杉戸・宮代町境界となってます。 清地橋上から上流方向 橋を渡ると日光街道杉戸宿…

大落古利根川を歩く 春日部・牛島から杉戸町役場近くの清地橋

大落古利根川をさかのぼって前回、春日部市牛島、牛島人道橋という小さな橋まで来ていました。渡ったところに中川合流点から13㎞の標識がありました。 続きを歩きます。 八幡橋を行き過ぎ、14km標識 ここから前方に見える橋は埼葛橋(さいかつばし) 近くで旧…

大落古利根川を歩く 古利根堰から春日部・牛島まで

前回、中川から大落古利根川へ入って遡り、現在位置は越谷市大吉、葛西用水の分水地点、古利根堰です。 前回の重複画像になりますが、古利根堰で分けられた葛西用水の流れ(逆川) 分水された葛西用水が流れる逆川(さかさがわ)、寛永年間(1640年頃)に古利…

中川から大落古利根川へ歩く 吉川(武蔵野線中川橋梁)から古利根堰

前回中川をさかのぼって歩いたとき、越谷市と吉川市の間に架かる新中川水管橋を渡り、吉川まで来ました。今回はまず中川の続きを歩き、大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)合流点からはそちらに入って上流に向かいます。この日は春日部市街地近くの春日部…

中川を歩く 三郷放水路から吉川

中川つづき、三郷放水路分流地点から先を歩きます。 対岸に三郷放水路三郷水門 水門の背後を横切る高架は東京外環自動車道。 そこから左へ目を転じるとつくばエクスプレス中川橋梁 つくばエクスプレス橋梁をくぐって上流側へ。 新堤防上から 左側畑地は古い…

中川を歩く 葛飾立石から三郷放水路

最近、江戸川、荒川を歩きました。そのとき、江戸時代の利根川東遷+荒川西遷に関連する川べりを辿ってみたいと思いました。 利根川東遷事業 - Wikipedia 〈内容わかりにくいので冒頭の一文だけ貼付:利根川東遷事業(とねがわとうせんじぎょう)は、江戸時…

中津川を歩く その3 宮ヶ瀬ダムサイトから宮ヶ瀬湖沿いに上流周遊

中津川、続きです。宮ヶ瀬ダムサイトからさらに上流へ向かいます。と言っても宮ヶ瀬ダムの上流側はダム湖である宮ヶ瀬湖が広がっていますので、ダム建設以前の中津川流路に沿って湖のほとりを歩いていきます。 宮ヶ瀬ダム堤体後ろ側から〈以前も使用した絵で…

中津川を歩く その2 愛川町半原から宮ヶ瀬ダムサイト

中津川、続きです。愛川町半原からさらに上流へ向かって歩きます。 半原の河原 向こうが下流方向、見えるのが日向橋(ひなたばし)。 上流側には愛川大橋があり、その先は川の両側一気に山が迫ってきます。 愛川大橋 愛川大橋から5~600mほどさかのぼると石…

中津川を歩く その1 相模川合流点からさかのぼって愛川町半原

〈歩いたのは12月ですが文字に消化できずに年越しした少し大きなブロック、解凍してみます。〉 『中津川』という名称の河川は全国あちこちにあるようです。神奈川県内だけで少なくとも2つ、相模川水系と酒匂川水系にあります。今回はそのうち神奈川県の中央…

江戸川を歩く〈一番先へ〉春日部金野井から利根川分派点

江戸川の流頭は茨城県五霞町の利根川との分派点です。利根川を流れてきた水がここで分かれて江戸川に入ります。 前回到達した、春日部市西金野井からさらにさかのぼって分派点まで行ってきましたので記録を残しておきます。 のりかえの春日部駅 東武野田線の…

江戸川を歩く〈もっと先へ〉三郷から春日部(旧庄和町)金野井

江戸川放水路の河口から左岸をさかのぼって流山へ歩いたのが11月でした。そのときはずっと千葉県側を歩き、流山橋を渡って最後に埼玉県三郷へ出ました。 もっと先を目指すことにして、三郷から上流に向かって埼玉県側、右岸を歩きました。今回は三郷市側の流…

江戸川を歩く 放水路河口から流山橋 その3)流山橋渡って三郷まで

江戸川左岸、現在松戸の市街地あたりを遡上中。対岸、葛飾区との間に架かるたくさんの橋梁をくぐって、市の中心部に近づくところから続けます。 堤防にあがります 江戸川はこのあたりで大きくカーブ、90度くらい流れの方向を変えています。 カーブ途中の堤防…

江戸川を歩く 放水路河口から流山橋 その2)松戸まで

前回その1で江戸川放水路河口から国府台付近まで歩いた続きです。 京成線国府台駅、真間川合流地点を過ぎると台地の縁を江戸川の流れが洗うようになり、間を通る道はせまくなります。前回の再掲 すぐ先、木が覆い被さるように散歩道が続きます。 右側はすぐ…

江戸川を歩く 放水路河口から流山橋 その1)国府台まで

2020年11月、江戸川を歩きました。 スタートは江戸川放水路河口(市川市上妙典)、川の左岸、千葉県側を遡って今回の到達地点は流山市流山、埼玉県三郷市との間を結ぶ流山橋までです。 江戸川は2年前に旧江戸川河口近くから江戸川(放水路)分派点へ、さらに…

岩倉川を歩く 神奈川県中井町を流れる小さな川

岩倉川(いわくらがわ)は中村川支流のひとつ。源流は東名高速中井PA近くの雑木林、2.5kmほど流れ下り、中井町役場付近で中村川に合流します。中村川を歩いたときにこちらにも立ち寄りました。 ありふれた小さな川ですが歩いた証拠、記録しておきます。 上流か…

中村川を歩く 二宮町河口から大井町源流まで

神奈川県西部、二宮町と小田原市境界近くで相模湾に注ぐ中村川(なかむらがわ)をさかのぼって歩きました。小田原市東部から中井町とのどかな風景の中を流れ、上流の大井町に入ると丘陵の雑木林、源流の窪地は小さな集落の中にありました。 最初は河口、二宮袖…

恩曽川〈厚木〉を歩く

秋ののんびり川沿い散歩。厚木を流れる恩曽川〈おんそがわ〉を歩いてみました。 この川は「恩曾川」と書かれたり、「おんぞがわ」と読まれたりもします。相模川水系の河川ということになりますが、途中、玉川(多摩川じゃない)と合流し、玉川が相模川に合流…

荒川を歩く その6 羽根倉橋から上江橋まで

荒川、笹目橋から上江橋まで歩いた日の後半です。〈その5〉で羽根倉橋の手前(下流側)まで来ていました。 羽根倉橋間近から 荒川河口から37.2㎞の位置にあり、国道463号(浦和所沢バイパス)が通る橋、見た目ちょっと地味ですね。この橋も長く、859.6mあ…

荒川を歩く その5 笹目橋から羽根倉橋まで

6月に河口から歩き始めた荒川、東京・埼玉の境界、笹目橋まで来ていました。8月に笹目橋上流側にある彩湖へ寄り道しましたが、荒川本流のほうを歩かないままで10月になってしまいました。最近ようやく笹目橋の先を歩いてきましたので忘れないうちに記録残…

手賀沼を歩く 利根川の出合いまで

今回訪れたのは千葉県北部、柏、我孫子、印西あたり、自分は滅多に訪れる機会のない地域です。地図を見ていてたまたま目に入ったのが手賀沼。その湖畔、いや沼畔を歩き、続いて手賀川が利根川に合流するところまで足をのばしました。天気上々、整備された散…

品川から天王洲、京浜運河を南へ歩く

少し前に品川を起点にレインボーブリッジを渡ってお台場へ歩きました。今回は再び品川を起点に南へ、天王洲、京浜運河などを歩いてみました。そのときの記録です。 今回も品川駅港南口からスタート 正面ビルの窓に雲が映ってます。9月になったのに暑いっ! …

戸田漕艇場の南縁に沿って歩く

前回、荒川貯水池の彩湖を周回した散歩の続きになります。当初1つにまとめる予定でしたが、長くなったので分けました。こちらは散歩最後のほう、少し短めです。 戸田漕艇場(とだそうていじょう)は埼玉県戸田市の戸田公園内にあるボート競技コース、戸田ボ…

荒川を歩く 〈はみだし編〉 彩湖一周

今年6月頃、荒川の河口から歩いて遡上、これより上流は川の両岸とも埼玉県となる笹目橋まで到達していました。 しばらく進捗が滞ってましたが再開を決め、まずこの先の歩き方プランを作成しようと地図を見ていたら、笹目橋の上流側にある湖の存在が気になり…

多摩川散歩 猛暑に体を慣らすはずが手抜かったの巻

長い雨続きの日々が終わり、この夏もまた猛暑となりました。しばらく長い距離を歩いてなかったのと、《こちらが重要》暑さに体を慣らすため、私の最近のリハビリフィールドとなっている多摩川に繰り出しました。また多摩川を歩いた話題、変化に乏しくて御免…

多摩川 登戸から川崎殿町へ下って歩く

6月下旬に多摩川堤防を歩いた時の記録、在庫放出です。2020年分手持ち在庫、いまのところこれ1つだけになってしまいました。理由は天候不順ですね。(その前の”外出自粛”てのもありますが) でも数年前の東京五輪招致の予言では〈この時期の天候は晴れる日…

荒川を河口から歩く その4 新荒川大橋から笹目橋

前回の続き、荒川左岸、川口市舟戸町の新荒川大橋の下までやってきました。北区岩淵町との間をつなぐ長い橋は国道122号(岩槻街道・北本通り)、かつての日光御成道が通ります。街道には昔、渡船”川口の渡し”があったところです。 新荒川大橋の下から ずっと…

荒川を河口から歩く その3 千住から左岸を新荒川大橋まで

荒川遡上、2日目は千住からスタートします。途中で橋を渡って左岸側を歩き、笹目橋までの行程ですが、その3は途中の川口市舟戸町、新荒川大橋までです。 今回分は荒川の対岸を歩いた3年前の冬の記録と対比できそうです。 東京の荒川を歩く その2 小菅から…