散歩の途中

散歩の途中で観察記録、その後少し調べて書くノート

東久留米市

国立から埼玉県境へ歩く

今回は自分の歩いた場所の単純な備忘録です。 国立から埼玉県境付近まで歩いた記録、足あとは多くが住宅街の生活道路に。 スタートは国立市南部、南武線谷保駅から 駅から南へ行けば東日本最古の天満宮といわれる谷保天満宮、その逆方向へ。 フェンスの向こ…

野火止用水を歩く 1/2

野火止用水(のびどめようすい)は玉川上水の小平監視所から分流して武蔵野台地上を北東方向にながれ、埼玉県新座市などを通って志木市の新河岸川へ続いて行く、江戸時代に開削された用水である。この用水は先の方で枝分かれして何本かの支流に分かれるが、…

落合川とその支流をいくつか歩く

荒川水系の新河岸川の支流である黒目川の、そのまた支流である落合川と、そのまた支流をいくつかまわってみた。落合川については、黒目川の支流の中ではおそらく最大で、この地域の豊富な湧水を集めた清流として有名な川である。都心からそれほど離れていな…

黒目川を歩く その2 都県境の神宝大橋からさいかち窪まで

黒目川遡上、その1では落合川との合流点であり、東京都東久留米市と埼玉県新座市の境界である神宝大橋までたどり着いた。今回はさらに上流、東久留米市内の黒目川を歩き、源流とされる小平霊園内のさいかち窪まで遡る。 黒目川その1、その2の行程 その1…