散歩の途中

散歩しながら観察して記録してちょっと調べて書くノート

バカンスシーズン直前のパリを訪ねる 祝日前はまだ普通の街

前回までのアルザスの旅の続きです。

ストラスブールから南へ向かいたかった自分の意志に反して、パリ東駅行きのTGVに乗り、ノンストップでパリに着いてしまう。途中で逃げ出す隙もない。

パリ東駅からタクシーでホテルへ向かい、荷物をおいてまた外へ出る。時刻は日本ではすでに夕方だが、こちらの日の入りは9時半頃なので、明るいうちにまだどこかへ行ける。
まず宿泊先最寄りの地下鉄駅から凱旋門へ向かった。

パリ街なかの移動は基本、地下鉄を使っていた。頻繁に行くところではないし、それしかわからないのだ。

切符は毎回券売機の前に並ばなくて済むので、カルネという10枚回数券を買っておくのがよいかなと思っている。バスも地下鉄とチケットが共通で互いの乗継ぎもできるけど、路線が複雑すぎて使いこなそうという気になれない。

 

シャルル・ド・ゴール広場(エトワール広場)近くからシャンゼリゼ通り

f:id:miwa3k:20180731195508j:plain

反対側はすぐにエトワール凱旋門

f:id:miwa3k:20180731195509j:plain

階段(たぶん)280段を上がるとテラスに出られる。高さは50mくらい。

展望テラスからシャンゼリゼ通り

f:id:miwa3k:20180731195510j:plain

週末の土曜日が祝日(7月14日革命記念日)で、シャンゼリゼはパレードなどの催しがたくさんある。その準備でテラスの上はビデオカメラの据付けなど、いろいろ作業が行われていた。

その反対方向、向こうはデファンス地区

f:id:miwa3k:20180731195511j:plain

道路の延長線上に"Grande Arche"(新凱旋門)も見えている。

当然、これらも。
エッフェル塔、モンパルナスタワーなど

f:id:miwa3k:20180731195512j:plain

門の真下、シャルル・ド・ゴール広場のロータリー中心。
第一次世界大戦無名戦士の墓

f:id:miwa3k:20180731195513j:plain

あえて真上からちょっとずれた場所を見上げてみる

f:id:miwa3k:20180731195514j:plain

前へまわって

f:id:miwa3k:20180731195515j:plain

 

せっかくなので凱旋門からシャンゼリゼ通りを歩いた。
ふり返って

f:id:miwa3k:20180731195516j:plain

20時頃の通り

f:id:miwa3k:20180731195517j:plain

平日だけど人通りは多い。(自分も含めて)観光客と、ちょうど夏のバカンスシーズン前はSolde(ソルド)と呼ばれるバーゲンの時期で、ショッピングの人も結構多いようだ。

地下鉄の駅2つ分歩いてから電車に乗り、パサージュの中の店で夕食とした。
パサージュというのは、アーケードで覆われた(向こうの通りへ)通りぬけできる商店街。日本にもアーケード商店街はたくさんあるけど、パリのは凝った古い装飾が残っていたりで、高級感やレトロ感がある。

この日はパサージュ・デ・パノラマ(Passage des Panoramas)にある
CANARD & CHAMPAGNE

f:id:miwa3k:20180731195518j:plain

f:id:miwa3k:20180731195519j:plain

鴨料理をシャンパンといっしょに味わうフレンチ・パラドックスだというコンセプトのお店。

アントレとメインにシャンパン2種類というメニューに決定。料理はアントレ、メインともおすすめがそれぞれ2つあるので、1つずつ頼んでシェアしてはいかが、という店のレコメンドに即のり。

(お目汚しなので料理の写真とか、あまり積極的には出さないことにしているのだけど)いい雰囲気だったので、許せ。
アントレと最初のシャンパーニュ

f:id:miwa3k:20180731195520j:plain

鴨のテリーヌ、鴨のフォアグラ、"JM Sélèque Cuvée Canard & Champagne"

メインとシャンパーニュはロゼ

f:id:miwa3k:20180731195521j:plain

鴨のマグレ、鴨のコンフィ、"Lallier Grand Cru Rosé"

付け合わせの野菜なども食べるとおなかいっぱい。デザートはいらなかった。

レストラン近くの地下鉄グラン・ブールバール(Grands Boulevards)駅

f:id:miwa3k:20180731195522j:plain

だれもいないのは電車が出て行ったばかりだから。

7月14日の祝日(革命記念日・パリ祭)をひかえて、シャンゼリゼ通りなどでは準備がすすんでいたけれど、それ以外の場所は軒並みお店がバーゲンセール中であること以外はたぶん普通の平日。

 

次の日は金曜日。

まずはオルセー美術館へ向かったのだが、コンコルド広場近くで地下鉄を下りた。
コンコルド広場は翌日のイベント準備でいろいろ規制中

f:id:miwa3k:20180731195523j:plain

のんびり歩いてオルセー美術館前へ

f:id:miwa3k:20180731195524j:plain

パリの有名美術館は朝行列ができる、という思い込みがあったのだけれど、意外に人が少なくて入場はスムーズ。

昔は鉄道駅だった建物

f:id:miwa3k:20180731195525j:plain

f:id:miwa3k:20180731195526j:plain

どこの展示室も見たことのあるものばかり。しかも本物…

f:id:miwa3k:20180731195527j:plain

とても残念なことに自分は、絵や彫刻、あるいは歴史といった分野に疎くて、見たものをどのように表現するとよいのかよくわからない。うまく咀嚼できないから丸飲みって感じだな。

f:id:miwa3k:20180731195528j:plain

f:id:miwa3k:20180731195529j:plain

 

あ、これ左側のほうが好きです(こんな感想でいいのか?)

f:id:miwa3k:20180731195530j:plain

 

お昼は館内のレストランで

f:id:miwa3k:20180731195531j:plain

ここは駅だった頃の貴賓室とのこと。

これはレストラン開店前

f:id:miwa3k:20180731195532j:plain

大時計の後ろ側から

f:id:miwa3k:20180731195533j:plain

窓の向こうにはルーブルの建物。

ポンポンの白熊はカフェーの前

f:id:miwa3k:20180731195534j:plain

祝典の間

f:id:miwa3k:20180731195535j:plain

ゴッホ

f:id:miwa3k:20180731195536j:plain

ゴーガン

f:id:miwa3k:20180731195537j:plain

天井を突き破って飛んでいきそう

f:id:miwa3k:20180731195538j:plain

 

さて、そろそろ出ませんか

f:id:miwa3k:20180731195539j:plain

え、まだ、とか言って18時で閉館。丸一日ここで過ごしてしまいました。

それでまだ
ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)前に現れる

f:id:miwa3k:20180731195540j:plain

本日は祝日前のコンサートが催されるため、すでに中の見学は終わってます。
とこの方に諭される(Monument Saint Jean-Paul II)

f:id:miwa3k:20180731195541j:plain

ノートルダム大聖堂でクラシックコンサートが見られるなんてうらやましい。
チケットは持ってないし、それでは仕方がない

f:id:miwa3k:20180731195542j:plain

サン・ジェルマン・デ・プレへ行って食事にしようと、また方向転換。

とある有名なカフェー(Les Deux Magots)の前

f:id:miwa3k:20180731195543j:plain

こっちはサン・ジェルマン・デ・プレ教会(Église de Saint Germain des Prés)の前

f:id:miwa3k:20180731195544j:plain

食事はこのカフェではなく、ブルターニュの牡蠣とガレットの店へ。

帰りに
サン・ジェルマン・デ・プレ駅入口

f:id:miwa3k:20180731195545j:plain

金曜日も終わり。