散歩の途中

散歩しながら観察して記録してちょっと調べて書くノート

鈴川から大根川へ歩く

下流では花水川(はなみずがわ)とも呼ばれる金目川(かなめがわ)、その金目川水系の鈴川(すずかわ)と大根川(おおねがわ)に沿って歩いてきた。

きいたことのある名前の川がない?
地元の人以外はそうかもしれませんね。

簡単に説明すると、神奈川県平塚市、大磯町との境界近くで相模湾に注ぐ金目川、またの名を花水川。その金目川平塚市西部で合流するのが鈴川で、鈴川に平塚市北部で合流しているのが大根川。
今回の散歩、平塚から、鈴川、大根川とさかのぼって、大根川源流近くまで歩いてきた。

余計なことを付け加えると、鈴川は大山の中腹に源があり、真夏に源流めざして登山するのもかったるいので、それほど標高の高くない場所に源流がある大根川に途中で目的地変更したということになる。

鈴川・大根川今回の足あと

アプローチはJR平塚駅から

f:id:miwa3k:20180905165507j:plain

駅前から西の方角へずっと歩く。

目印、大体向こうの高麗山(こまやま)に向かって歩いて行く感じ

f:id:miwa3k:20180905165508j:plain

山の近くまで来ると川の流れに出会う。

草ぼうぼうで川は見えないけど。
高麗山と川の標識、ここはまだ「金目川」と書かれている。

f:id:miwa3k:20180905165509j:plain

今いるところが金目川左岸の堤防上。ここから上流方向へ歩き出す。

金目川・鈴川合流点付近

f:id:miwa3k:20180905165510j:plain

平塚大橋の下流側から、川沿いを歩き出してまだ少しのところ。左端に水面が見えているのは鈴川、その向こう岸は2つの川の間にできている土手で、そのまた向こうに金目川が流れているはず。植物が生い茂って様子がわからなかったが、このすぐ下流側で合流している。

最初に見た鈴川の標識

f:id:miwa3k:20180905165511j:plain

向こうの橋は平塚橋。ひとつ手前の平塚大橋は鈴川と金目川を一気に越えていたが、こちらの橋は鈴川だけを渡って、道路は金目川と鈴川の間、中洲のようなところを北上していく。
金目川と鈴川は合流する手前で2本の川のまましばらく平行に流れている。

鈴川・玉川橋下流側から

f:id:miwa3k:20180905165512j:plain

草を刈ってあると川もはっきり見えるけど、手間は大変だ。

前方の玉川橋を渡り、右岸側へ渡る。玉川橋を渡る道路は、すぐに西側で金目川の東雲橋に差し掛かるが、こちらはその手前で折れて鈴川右岸をさかのぼって歩く。

上流に向かって右岸を歩き出すとすぐに川の合流点が現れる。
鈴川、渋田川合流点付近(平塚市南原)

f:id:miwa3k:20180905165513j:plain

このあたりも草ぼうぼう。左手前が鈴川、正面奥に少しだけ水面が見えるのが渋田川。向こうに架かる橋が2本連続して、2つの川を跨いでいる。

この付近までは以前、渋田川を歩いたときにも通ったところ。

miwa3k.hatenablog.jp

鈴川を少しさかのぼり、渋田川合流点方向を振り返って

f:id:miwa3k:20180905165514j:plain

 

さらに歩いて平塚市入野付近。堤防の外側。
鈴川に流れ込む、農業用水の排水路だと思う

f:id:miwa3k:20180905165515j:plain

川の名前を調べたがわからなかった。地図を確認すると農業用水路が集まったもののようなので排水路と推測。

もう少し上流側へ

東海道新幹線と交差

f:id:miwa3k:20180905165516j:plain

ここも川面が見えない。

岡崎大橋(平塚市岡崎)

f:id:miwa3k:20180905165517j:plain

岡崎大橋と次の新白髭橋の中間あたり

f:id:miwa3k:20180905165518j:plain

天気が良ければ前方に大山などが見えるはず。
新幹線線路の先から大根川に入るあたりまで、ずっと田畑の広がるのどかな風景になる。

小田原厚木道路とその側道を越えて

f:id:miwa3k:20180905165519j:plain

このあたり、あちこちで農業用水路が鈴川へ流れ込んでいる。川への流れ込みなので排水ということ。
ここも高架橋の下に用水路の排水口がある。

そしてそれより上流には自然河川との合流もいくつか連続する。

坂戸川、大根川、鈴川の合流

f:id:miwa3k:20180905165520j:plain

堰の向こう左側から来る、水面がよく見えるのは大根川。
大根川の右側は、前方の橋の下あたりで坂戸川と鈴川が合流し、こちらへ流れてきて堰のすぐ近くで大根川と合流している。

鈴川の上流はここで北方向へ流れを変え、伊勢原市に入り、大山の登山口を経て阿夫利神社下社付近が源流となる。そちらはまた機会をみて訪ねることにしたい。

ここで鈴川から離れ、大根川をたどる。
大根川に入って

f:id:miwa3k:20180905165521j:plain

大根川、善波川(ぜんばがわ)合流地点

f:id:miwa3k:20180905165522j:plain

右側から流れ込むのが善波川。
その先ではまた農業用水路を通ってきた水が川へ放流されていた。

おおね公園南側を流れる大根川

f:id:miwa3k:20180905165523j:plain

対岸は秦野市で、スポーツ施設の充実した市立公園になっている。
こちらの堤防側はもう少し先まで平塚市

県道の大根橋をくぐると両岸とも秦野市に入り、小田急東海大学前駅近くへ出てくる。
公園の名前にもなっていたが、この周辺は昔、大根(おおね)村で、川の名前もここからきている。小田急線の東海大学前駅も以前は大根という駅名だった。

駅前からの道路にかかる暘橋(ひのでばし)

f:id:miwa3k:20180905165524j:plain

少し先で南矢名沢と合流する

f:id:miwa3k:20180905165525j:plain

左から大根川、右が南矢名沢。秦野市南矢名4丁目付近。

大根川のほうをたどると
住宅地の間を、改修されて直線になった流れ

f:id:miwa3k:20180905165526j:plain

名もない?沢と合流

f:id:miwa3k:20180905165527j:plain

右向こうの覆いのついた高架橋は東名高速道路

大根川はその下をくぐり、しばらく行くとにわかに傾斜が目立つところに達する。
近くに小山が現れ、この先は山の中へ

f:id:miwa3k:20180905165528j:plain

まだ周辺は住宅地だが、坂道が続くようになってくる

弘法山のふもと、瓜生野という場所

f:id:miwa3k:20180905165529j:plain

龍法寺前から

f:id:miwa3k:20180905165530j:plain

左側下が大根川、すでに細い沢になっている。
前方の道を少し上ったところで見た流れが、水流を確認できた最上流となった。

先ほどのお寺の裏あたりで

f:id:miwa3k:20180905165531j:plain

この溝がこのとき流れを確認した最後の地点。

ここから流れは少し道路から離れる。
さらに道を上がり、来た方を

f:id:miwa3k:20180905165532j:plain

この近くに先ほどの上流になる沢筋があったが、流れはなかった。

近くにあった案内標

f:id:miwa3k:20180905165533j:plain

弘法山公園への道標。弘法山は丹沢手前にある標高250mくらいの山で、手軽なハイキングコースとしてたぶん有名なところ。
その山のふもとが大根川の源流域だった。

この日は「東海大学前駅」の案内に従って、駅前へ戻ることに。
距離は3~4㎞か。

東海大学前駅自転車置き場付近から

f:id:miwa3k:20180905165534j:plain

鈴川から大根川、ここまで。