散歩の途中

iPhoneもって散歩しながらいろいろ観察したノート

野川を歩く はみ出し編 (2)国分寺崖線と国分寺周辺

「野川を歩く」川の遡上歩きのノートに書けなかった周辺のあれこれ、はみ出し編としてまとめた(2)は国分寺市内から。

野川・国分寺崖線足跡

暖色系野川、寒色系国分寺崖線、歩いたのはほとんど2016年夏。

はみ出しその1

miwa3k.hatenablog.jp

殿ヶ谷戸庭園

国分寺市南町二丁目、国分寺駅のすぐ南側(歩いて2分とか)にある庭園。

国分寺崖線の段丘崖とその下端部付近の礫層から浸出する湧水を利用し、雑木林の風致を生かしてつくられた近代の別荘庭園です。
三菱合資会社社員、貴族院議員であった江口定條(えぐちさだえ)が1913(大正2)年~1915(大正4)年に別荘を構え「随宜園(ずいぎえん)」と命名。1929(昭和4)年に三菱合資会社の経営者だった岩崎彦弥太が江口家から別荘を買い取り改装、庭園建築として紅葉亭の新築、主屋前面の芝生地と崖線下方の湧水および園地を結んで回遊式庭園を完成させました。
その後、都が買収して整備後有料庭園として開園し、現在は殿ヶ谷戸庭園(随宜園)として国の名勝に指定されました。
殿ヶ谷戸庭園のパンフレットから一部抜粋)

崖線上の芝生

f:id:miwa3k:20170628152239j:plain

竹の小径

f:id:miwa3k:20170628152240j:plain

次郎弁天池、上の建物は紅葉亭

f:id:miwa3k:20170628152241j:plain

f:id:miwa3k:20170628152242j:plain

湧水

f:id:miwa3k:20170628152243j:plain

こちらも東京都の名湧水57選のひとつ。

 

◆お鷹の道、真姿の池湧水群

国分寺市西元町と東元町の境界付近に国分寺崖線からの湧水群があり、その水を集めた池が「真姿の池」、湧水群から湧き出した水が流れる水路に沿って歩道を整備し、そこを「お鷹の道」と呼んでいる。こちらの湧水は環境省選定名水百選、東京都の名湧水57選に選ばれている。
名前の由来については国分寺市のHP。

www.city.kokubunji.tokyo.jp

湧水のひとつから流れがはじまるところ

f:id:miwa3k:20170628152244j:plain

ちょうどこの真下あたりに水が湧いていて、先へ流れて行く。右側に赤い鳥居と橋の見えるところが真姿の池。

水が湧くところから

f:id:miwa3k:20170628152245j:plain

静かに湧き出しているのでどこから水が出てきているのかわからないけれど、ここより奥(左側)に流れはない。写真右側へ流れてゆく。ここの水量は他の湧水場所より豊富だと思う。

湧き出し口の向こうは崖線の斜面

f:id:miwa3k:20170628152246j:plain

真姿の池

f:id:miwa3k:20170628152247j:plain

鳥居の向こう側の小さな池、池の中央に弁天様を祀った祠がある。

池の様子

f:id:miwa3k:20170628152248j:plain

お鷹の道へ

f:id:miwa3k:20170628152249j:plain

お鷹の道・遊歩道

f:id:miwa3k:20170628152250j:plain

f:id:miwa3k:20170628152251j:plain

遊歩道は350mほど(市のHPによる)、歩道わきの流れにはほかの湧水の水も合わさり、元町用水という名前に変わって住宅地の間を流れ、野川に合流する。

住宅地内を流れる用水

f:id:miwa3k:20170628152252j:plain

このあと国分寺街道一里塚交差点近くで野川と合流。

 

国分寺武蔵国分寺跡など

「お鷹の道、真姿の池湧水群」のすぐ西側には武蔵国国分寺跡などの史跡がある。

国分寺

f:id:miwa3k:20170628152253j:plain

医王山最勝院国分寺は、真言宗豊山派の寺院です。伝承では「分倍河原の戦い」で焼失した武蔵国分寺は新田義貞の寄進により薬師堂が再建されたと伝わっています。江戸時代に入ると徳川幕府は、由緒ある寺社に領地を与えて保護しました。国分寺の薬師堂も三代将軍家光から慶安元年(1648)に九石八斗九升八合の寄進を受け、朱印状を下付されました。以後、十四代家茂までの朱印状が残っており、享保18年(1733)には本堂も再建されています。現在の本堂は昭和62年に改築されたものです。国分寺市HPより)

国分寺楼門

f:id:miwa3k:20170628152254j:plain

このほか国分寺の境内には仁王門、薬師堂、植物園など。

武蔵国分寺跡

f:id:miwa3k:20170628152255j:plain

f:id:miwa3k:20170628152256j:plain

武蔵国国分寺は古代の官道である東山道武蔵路に沿い、東側に武蔵国分寺、西に国分尼寺が立っていた。武蔵国分寺跡には、金堂、講堂、七重塔の跡が残されている。それぞれの跡地には解説板が立てられているが、建物などは一部の礎石などを除いて何もなく、広場があるだけのような状態。

国分尼寺

f:id:miwa3k:20170628152257j:plain

国分尼寺跡に立つ碑

f:id:miwa3k:20170628152258j:plain

国分尼寺跡についても国分寺跡と同じ状態で、建物などは何もない。こちらは現在すぐ隣をJR武蔵野線が通っている。
国分寺跡、国分尼寺跡ともに国分寺崖線の下側、ほとんど離れていないところに位置している。なぜ丘の上の遠くからも目立つ場所でなく、下側につくられたのだろう。

 

国分寺崖線さらに先へ

表題の「野川を歩く」の源流よりも先へ行ってしまうことになるが、国分寺崖線は古代の多摩川が削ってつくったものなのでその先にも存在する。
崖線はいったん府中市の武蔵台といった地域をかすめ、国分寺市国立市の境界となる。

国立市国分寺市の境界あたり

f:id:miwa3k:20170628152259j:plain

国立市側から撮ったもの。国分寺市が崖の上、国立市は下、間に市の境界、つなぐのは急な坂道というところが続く。このあたりも段丘の高低差は結構大きく20mくらいはある。近年開発のすすんだところは崖線の斜面も含めて住宅になっているところが多いが、そうでないところでは植木を扱う農家が崖のきわにあるのをよく見かけた。
しばらく同じような風景が続くが、立川市に近くなると段丘の高低差がだんだん小さくなってくる。

国分寺市西町4,5丁目付近の坂道

f:id:miwa3k:20170628152300j:plain

立川市境界も近い地帯。先ほどの写真よりも坂が緩く短い。段差が小さくなっている。10mもないくらいか。

立川市幸町4丁目付近

f:id:miwa3k:20170628152301j:plain

手前畑と向こうの住宅の間の段差が崖線。このあたりが国分寺崖線のはじまりの位置だとしている識者もいるようだ。でもまだ2~3mくらいの差はある。

立川市幸町5丁目付近

f:id:miwa3k:20170628152302j:plain

向こうから道がなだらかに下っている。これで1mくらいかな。
なんでこれが崖線の一部と分かるかというと、国土地理院の数値標高データを地図上に展開して、詳細な地形を調べたから。といえばかっこよく聞こえるけど実は「カシミール3D」というソフトでいわゆる凸凹地形地図をつくって国分寺崖線の段差がどこまで伸びているかを調べたから。
段差を思い切り強調してみると、明らかにこのへんまで伸びていることが分かる。ここはちょうど玉川上水駅の南東側で、近くを玉川上水も流れている場所だ。(玉川上水の流れがここで国分寺崖線の段差を回避している(よけている)ということを知ったときにえらく感心した。)
ここより先は段差がないとは言い切れないが、あってもセンチメートル単位だし、造成工事などで平らにされてるっぽいところもあってはっきりしない。

 

◆はみ出しおまけのおまけの立川断層

先ほどの「カシミール3D」でこの付近の地形凸凹を見ていたら、立川断層による段差がこの近くにあることがわかったのでついでに見に行った。
でも実地では逆に確認が難しく、それをカメラに収めるのは結構大変だった。簡単に分かるのはこの1枚くらいしかない。

立川断層のつくった地面の段差

f:id:miwa3k:20170628152303j:plain

立川市砂川町付近。横は西武拝島線でその脇のコンクリートの柵が、手前側は少し高く、向こう側で沈んでいる。道路も少し下へさがっている。ここに断層がある。
過去に起きた地震により地面がずれた場所だ。ちなみに線路と道路はほぼ東西に通っていて、断層は北西から南東方向くらいの角度で通っている。
これ以上はマニアックになり過ぎるのでやめにしておく。

野川遡上本編

miwa3k.hatenablog.jp

miwa3k.hatenablog.jp

 

野川を歩く はみ出し編 (1)野川と国分寺崖線に沿って

「野川を歩く」川の遡上歩きであえなく通過したように無視していたのだけれど、実は行っていた野川周辺と、野川の左岸側にずっと寄り添う、国分寺崖線あたりにあるものについてもこの際、記録を残しておこうと思った。この周辺、結構歩いていたわりに何も記録を残していなかったし、My備忘録的な要素の強いノート。

野川・国分寺崖線足跡

暖色系野川、寒色系国分寺崖線、歩いたのはほとんど2016年夏。

野川遡上の本編はこち

miwa3k.hatenablog.jp

miwa3k.hatenablog.jp

◆六郷用水関連

六郷用水(次大夫堀)は世田谷、大田区内で国分寺崖線のへり、崖下を通すように開削されていて、野川の水も引き込まれていたので取り上げた。

六郷用水
多摩郡和泉村(現在の東京都狛江市元和泉)の多摩川を水源とし、世田谷領と六郷領、つまり現在の狛江市から世田谷区を通り大田区に至る用水路であった。 延長は23kmで、49の村、約1500haに、主に農業用水として水を供給した。
1597年からの14年かけて用水が開削された。開通後100年を経過したころ荒廃したが、1725年に代官田中丘隅(休愚)の手により改修された。この改修は、二ヶ領用水と並行して行われた。この改修後、世田谷領でも六郷用水が利用できるようになった。
廃止されたのは1945年である。現在、用水の跡地は、道路、緑道(遊歩道)、次大夫堀公園のほか、未だ更地の場所もある。 なお、六郷用水は既存の多くの河川と分合流あるいは交差していた。(Wikipediaから抜粋)

六郷用水 大田区田園調布本町付近

f:id:miwa3k:20170627195647j:plain

この寺院(東光院)の正面は中原街道旧道に面していて、桜坂の下。桜坂は国分寺崖線の段差につけられた坂道で、道は坂を下ると六郷用水を渡って、多摩川の渡船場(丸子の渡し)へ出ていた。六郷用水はこのあたり多摩川と崖線の間のせまい場所に通されている。用水自体は70年ほど前に廃止、現在流れているの水は湧水を使って再現されたもの。

六郷用水・丸子川部分 大田区田園調布4丁目付近

f:id:miwa3k:20170627195648j:plain

六郷用水兼丸子川区間。現在の丸子川としては丸子橋付近で多摩川へ合流している。左側段丘のうえは多摩川台公園(亀甲山古墳など)。

六郷用水・丸子川部分 世田谷区岡本2丁目付近

f:id:miwa3k:20170627195649j:plain

六郷用水跡碑

f:id:miwa3k:20170627202052j:plain

世田谷区大蔵6丁目付近。すぐ後ろは東名高速道路東京外環自動車道とのジャンクション建設工事現場。

次大夫堀公園入口

f:id:miwa3k:20170627195650j:plain

六郷用水の開削指揮をとった用水奉行小泉次大夫の名前を冠した次大夫堀公園。六郷用水は次大夫堀とも呼ばれる。野川の改修工事で旧流路跡を埋め立ててつくった公園だと思われる。なかには用水を模した流れや、復元した古民家などがある。

次大夫堀公園古民家園から

f:id:miwa3k:20170627195651j:plain

f:id:miwa3k:20170627195652j:plain

六郷用水はここより上流では多摩川に寄っていくのでここまで。

 

◆世田谷区の国分寺崖線

国分寺崖線を自分で忘れるとは思わないけど、あまり気の利いた解説がネットに落ちてなかったので書いてみた。

国分寺崖線
数万年~10万年ほど前、武蔵野台地の南側を流れていた当時の多摩川が、台地を少しずつ浸食して崩していき、川の流れと台地の間に、長い崖の線をつくった。このころ造られた崖の線が国分寺崖線で、立川市付近からはじまり、大田区付近まで全長約30kmに及ぶ。崖の高さは高いところで20m以上(世田谷区内など)になる。崖の下には多くの箇所で湧水が浸み出しており、「はけ」と呼ばれている。また崖の面には雑木林が多く残され、その一部は景観保護のために保存されている。
その後多摩川の河道はさらに南側へ移動して立川崖線などをもつくり、それからさらに南へ移動して現在の流路となっている。国分寺崖線に沿った国分寺市から世田谷区にかけては、現在野川がはけの湧水を集めて流れている。

世田谷区瀬田1丁目付近の崖線下

f:id:miwa3k:20170627195653j:plain

道路脇白い壁の向こうが丸子川、住宅の向こう側の鬱蒼としているところが国分寺崖線の急斜面になるが、斜面として認識するにはちょっと分かりにくい。

岡本静嘉堂緑地、斜面の林

f:id:miwa3k:20170627195654j:plain

ちょうど国分寺崖線の斜面にあり、がけ下には湧水がある。写真は崖下から、向こう側右上に向かって高くなっている。昔は岩崎家の所有する庭園だった。

成城みつ池あたり(世田谷区成城4丁目)

f:id:miwa3k:20170627195655j:plain

看板が立っているのは崖下で、奥には湧水による池や湿地帯があって崖線の斜面を含めて森になっている。この中は環境保護のため入ることができない。

野川の対岸から成城みつ池付近を望む

f:id:miwa3k:20170627195656j:plain

住宅の向こう側の森が崖線と成城みつ池のあるあたり。

 

調布市国分寺崖線深大寺

調布市深大寺南町2丁目付近、崖線の森

f:id:miwa3k:20170627203113j:plain

崖に沿ってずっと斜面は森になっている。段丘の上、向こう側は台地で住宅地。
手前田んぼの脇をマセ口(ませぐち)川という小さな川が流れている。この川も段丘が少し窪んだ場所のがけ下から湧き出す水が源。

深大寺本堂

f:id:miwa3k:20170627195657j:plain

深大寺(じんだいじ)は天台宗別格本山の仏教寺院、山号は浮岳山。古刹であり、天平5年(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創したとのこと。(859年、天台宗に改宗)

山門から門前

f:id:miwa3k:20170627195658j:plain

寺の裏側に国分寺崖線が通り、境内のいたるところに湧水がある。崖の上の段丘には神代植物公園(元寺領)がある。地形的には深大寺の手前、南側にももう一つ段丘があって寺はその谷間に存在している。寺の南側の段丘の先が国分寺崖線で、寺のあるところは周囲に豊富に湧き出した水が削った別の谷とみることもできる。
その豊富な湧水があるため昔からの深大寺の名物は蕎麦。水車で粉ひきもできるし。

不動の瀧

f:id:miwa3k:20170627195659j:plain

「東京の名湧水57選」のひとつ。本堂の東側にある。

多聞院坂方面

f:id:miwa3k:20170627195700j:plain

 

◆都立武蔵野の森公園

府中、調布、三鷹市にまたがる公園で、中央部一帯は調布飛行場。飛行機好きな人が写真撮ってる。元は調布飛行場の一部だが、戦後アメリカ軍により接収されていた。1974(昭和49)年に返還されて、公園開園は2000(平成12)年。

公園入口

f:id:miwa3k:20170627195701j:plain

まん中に飛行場があるので滑走路近くには高い建物などはなく、だだっ広い。

向こうの方は飛行場滑走路など

f:id:miwa3k:20170627195702j:plain

離陸

f:id:miwa3k:20170627195703j:plain

 

◆都立野川公園

三鷹、調布、小金井市にまたがる公園、元は近くにある国際基督教大学(ICU)のゴルフコースだったところ。公園内を野川が流れ、国分寺崖線が通っている。

なんとなくゴルフコースの面影

f:id:miwa3k:20170627195704j:plain

国分寺崖線の下には自然観察園が整備されて、かつての雑木林の風景が残されている。

自然観察園の雑木林から

f:id:miwa3k:20170627195705j:plain

水辺に咲いている秋海棠(しゅうかいどう)

f:id:miwa3k:20170627195706j:plain

野川と国分寺崖線の雑木林

f:id:miwa3k:20170627195707j:plain

 

◆都立武蔵野公園

野川公園の西側に隣接する武蔵野公園。こちらも園内を野川が流れ、北側の端は国分寺崖線の崖が連なっている。

武蔵野公園内から野川(2枚)

f:id:miwa3k:20170627195708j:plain

f:id:miwa3k:20170627195709j:plain

 

◆滄浪泉園(そうろうせんえん)

明治・大正期に三井銀行の役員、外交官、衆議院議員などを歴任し、活躍した波多野承五郎(雅号・古溪)氏の別荘の庭園で、「はけと湧水」をたくみに生かした由緒ある緑地です。滄浪泉園と言う名の由来は、大正8年、この庭に遊んだ犬養毅(雅号・木堂)元首相が友人である波多野氏のために名づけたと言われ、「手や足を洗い、口をそそぎ、俗塵(ぞくじん)に汚れた心を洗い清める、清清(せいせい)と豊かな水の湧き出る泉のある庭」という深い意味を持ち、石の門標文字は犬養毅元首相自筆によるものです。小金井市HPから抜粋)

ちょうど崖線の斜面に庭園がある。入口は崖の上に、湧水を生かした池などは崖の下に造られている。

入口と門標

f:id:miwa3k:20170627195710j:plain

崖線の途中から下の池を望む

f:id:miwa3k:20170627195711j:plain

庭園といっても雑木林をそのまま残したような感じで、自然の林の中にいるよう。湧水量減少の影響か、池は濁り気味、蚊が多い。

庭園の湧水

f:id:miwa3k:20170627195712j:plain

f:id:miwa3k:20170627195713j:plain

ここの湧水も「東京の名湧水57選」のひとつに選ばれている。

 

貫井(ぬくい)神社

この神社も国分寺崖線の下に位置する。元は貫井弁財天と言われていたそうだ。この神社境内にも「東京の名湧水57選」に選ばれた湧水があり、その水がたたえられた神池がある。

鳥居と社殿、赤い橋

f:id:miwa3k:20170627195714j:plain

水が湧く場所

f:id:miwa3k:20170627195715j:plain

石組みの奥から静かに水が湧き出している。小さな湧水はほかの場所でも見られた。

境内の神池

f:id:miwa3k:20170627195716j:plain

湧水のある場所に神社、寺院が置かれているところをいくつか見かけた。単なる想像だが、昔は生活用水や田畑に導く水は貴重なもので、複数の農家や集落単位で使用するための湧水は、独占的に使われたり勝手なことをされないよう、周囲に神社や寺院をつくって神聖な場所、かつ公共のスペースにすることで保護したのではないだろうか。

この先、国分寺市内へと入っていくがそちらは(2)で。

野川を歩く その2 都立野川公園から国分寺市東恋ヶ窪

野川を歩くその1で、多摩川との合流点から上流へ遡り、三鷹、調布、小金井市にまたがる都立野川公園までやってきた。

野川行程(その1、その2共通)

miwa3k.hatenablog.jp

その2をスタート

野川公園さくら橋から(2016)

f:id:miwa3k:20170623115803j:plain

前回その1にも載せた写真。

同じ場所で今年(2017)はこんなかんじ

f:id:miwa3k:20170624143106j:plain

2017年は水が少なく川が干上がっている場所もあった。このあたりはすぐ脇の国分寺崖線下からかろうじて湧水の水が供給され、水がたまっている状態。
公園内でもう少し上流側へ行くとまた水が枯れて干上がっていた。

野川公園内、すぐ先で

f:id:miwa3k:20170624143107j:plain

ところで野川って頻繁に水が枯れるのだろうか。昔のことはあまり記録にないので分からないが、ネットで調べてみると、わりとよく枯れて干上がることがあるようだ。特に雨の少ない冬場には、この上流側にある武蔵野公園から野川公園のあたりなどは水がないことが多いらしい。でも今回歩いてきたのは6月だ。原因は、野川に水を供給する国分寺崖線の湧水量が減少しているせいだと書かれているものが多く、たしかにそれはあるだろうと思う。あとは下水道の普及によって川へ返る水が減ったことだろう。下水道は川の浄化には大いに貢献しているが、川の水量の減少にも影響している。

野川公園北門から

f:id:miwa3k:20170624143108j:plain

野川公園の外へ出る。すぐ後ろ側は西武多摩川線の高架が通っていて、そこをくぐると都立武蔵野公園、都立公園が隣り合わせだ。

武蔵野公園に入って野川公園側を振り返る

f:id:miwa3k:20170624143109j:plain

武蔵野公園内の野川(2017)

f:id:miwa3k:20170624143110j:plain

このへん、水が枯れることはさほど珍しいことではないとのことだが。

武蔵野公園内から北側の遊水池方面

f:id:miwa3k:20170624143111j:plain

野川公園が元はゴルフ場だったせいもあるけれど、それに比べて武蔵野公園はあまり手を入れていない感じがする。野川公園に隣接した一帯はBBQ広場や野球グラウンドなどもあるが、西側、北側には何もない「原っぱ」と遊水地が広がる。そういう管理の方法もいいと思う。
公園のHPいわく「野趣に富んだ公園」、ものは言いようである。
公園の向こうに見えるのは国分寺崖線に連なる森だ。森の向こうは段丘の上面、武蔵野台地で住宅地が広がっている。

武蔵野公園西の端の橋の上から
2016年

f:id:miwa3k:20170624143112j:plain

2017年

f:id:miwa3k:20170624143113j:plain

ここより西、上流側にはずっと小金井、国分寺の住宅地が続く。さすがに川幅も狭まって、水が流れている時でも水量は少なく、川の中にたくさんの草が生えて流れは見えにくくなる。

こんなかんじ

f:id:miwa3k:20170624143114j:plain

前に見える橋は丸山橋、小金井自動車学校の近くである。
もうしばらく先へすすむと川が暗渠から出てくるところがある。

暗渠の出口

f:id:miwa3k:20170624143115j:plain

暗渠になっているところの上には小学校の校庭がある。川の流路を直線化するときに、ちょうど上が学校だったのでトンネルにしてしまったのではないかと想像。また学校に沿うように古い河道と思われる”堀”が残っていて、そこが歩道(子供たちの通学路?)になっている。

暗渠の入口側

f:id:miwa3k:20170624143116j:plain

小学校より上流側にはまた整備された川と歩道が続く。

荒牧橋の上から(2016)

f:id:miwa3k:20170624143117j:plain

これは2016年に撮影したものだが、2017年に通った時もこのあたりは水が干上がってなかった。帰ってから調べて知ったのだが、この付近は川底に水が浸み込みにくい粘土を埋め込むなどの工事を行って、水が途切れない(瀬切れを防ぐ)ようにしたのだそうだ。環境を保護するのって大変である。

鞍尾根橋に達する

f:id:miwa3k:20170624143118j:plain

橋の下右側の溝には東京経済大学キャンパス内にある新次郎池、これも国分寺崖線のがけ下からの湧水によるもの、の水が合流している。
この橋が小金井市国分寺市の境界になっている。向こう側国分寺市は川底がコンクリートで固められ、こちら側小金井市は先ほども書いたような河川改修を行って、自然に近いような形になっている。

鞍尾根橋から野川上流側

f:id:miwa3k:20170624143119j:plain

都市部、住宅地内を流れる中小河川の上流部ってだいたいこんなかんじである

f:id:miwa3k:20170624143120j:plain

さらに上流へ進み、お鷹の道・真姿の池湧水群からの水が合流する場所のちょっと上流側。

湧水群からの水が合流する手前(上流側)

f:id:miwa3k:20170624143121j:plain

すぐ後ろが国分寺駅方面へ通じるバス通りで交通量が多い。川も下水のようにも見えてしまうが、よく見ると特に汚れてはいない。淀みぎみなので土が下にたまって汚れたようにみえてしまう。
湧水群方面は今回は向かわず、源流方向へ。このあたりでは川沿いに歩道はなく、一般道を歩く。川も住宅の後ろ側などに隠れてしまい、橋の上などでしか流れをみることができない。
多喜窪通りを越えるとそろそろ源流も近い。

多喜窪通り先の住宅の隙間から覗き込む

f:id:miwa3k:20170624143122j:plain

押切橋から上流側

f:id:miwa3k:20170624143123j:plain

押切橋は一般道にかかる橋としては最上流。

川として最初に見られるところ

f:id:miwa3k:20170624143124j:plain

向こうのトンネル出口から水が流れ出している。トンネルの上はJR中央線の線路。

場所を変えて

f:id:miwa3k:20170624143125j:plain

右側下の森といちばん奥の住宅の境に、川が顔を出すトンネルの出口がある。川の水は線路とその左側にある一般道の下を通っていて、さらに左側の茂みの向こうが日立製作所中央研究所の敷地となる。その敷地のなかに湧水があって池ができ、その水が野川の源となる。
源流の周囲は企業の敷地内で立ち入れないので源の一滴を確認することはできなかった。(年に数回研究所の開放があってそのときは中に入れるらしい。)

研究所手前の道路まで行ってみた。

f:id:miwa3k:20170624143126j:plain

国分寺市東恋ヶ窪
自転車置き場だった。塀の向こうが研究所の敷地。手前に「野川の水源」という看板があって、この奥の研究所の中に水源がある、などのことが書かれていた。このあたり、地形的には「恋ヶ窪」という地名にも表れているように、段丘の上面ではあるが窪地になっている。想像だが、この付近の地下は水が集まる場所で、その水が窪地をつくり、湧水となり、池(日立研究所のなかなど)や川(野川の流れ)をつくっていったのではないかと思った。
源流目前までは達したが、最後のところで水の姿が確認できないのが残念ではある。
野川の遡上はここまでだけれど、野川の支流の湧水などもあちこち見てきたのでそちらを別のノートに記すことにする。

野川を歩く その1 二子玉川(多摩川合流)から都立野川公園内まで

野川を二子玉川多摩川合流点から源流近くまで遡って歩いた。その1は多摩川合流点から都立野川公園三鷹、調布、小金井市にまたがる)の中までのノート。

野川
野川は、国分寺市東恋ヶ窪に源を発し、国分寺崖線に沿って幾多の湧水を取り込み、小金井、三鷹、調布、狛江を経て世田谷に入り、二子玉川付近で多摩川に合流する全長約20km、流域面積約70平方kmに及ぶ一級河川です。
この付近ではかつては、現野川より西側を流れ、世田谷区宇奈根2丁目あたりで多摩川に合流していたようですが、約400年前に開削された「次太夫堀」による水田開発やその後の大規模な治水事業により現在の位置に姿を大きく変えました。
(野川水道橋の解説板から抜粋)

付け足すと、源は日立製作所中央研究所内にある池と周辺の湧水。国分寺崖線とは太古の多摩川武蔵野台地を浸食したときにできた崖の線、河岸段丘立川市から大田区にかけて連続している。特に国分寺市小金井市や世田谷区などでは崖の高低差は20~30mに及ぶ。
現在の野川は、いたるところで河川改修工事を受けて流れが昔とは変わっている。流路が大きく変わっている場所もこの解説板のある付近ばかりでなく、ほかにもいくつもある。

野川は昨年(2016年)の夏にも歩いていて、国分寺崖線のがけ下に沿って湧水を見ながら歩いたこともあった。その時の記録はまだここに書いていなかったので、今回歩いた分とあわせてまとめてしまうつもり。また野川周辺あちこちの寄り道記録などを追加のノートとしてまとめられたらとも思っている。まず最初は野川、川の遡上あるきから、16年と17年の様子をとりまぜて。

野川行程

行程軌跡は今回(2017年)のもの。

野川は多摩川に合流するのだが、その地点は東急線二子玉川駅ホームの直下。まずは二子玉川駅で下車してそこを目指す。

東急線二子玉川駅

f:id:miwa3k:20170623115736j:plain

東急線多摩川橋梁と隣りの二子橋の下へ。

二子橋直下(2017)

f:id:miwa3k:20170623115737j:plain

二子橋直下(2016)

f:id:miwa3k:20170623115738j:plain

2017年は雨が少なく、2016年はちょうどたくさん雨の降った翌日あたりに歩いている。2016年は多摩川の水が濁っていてそれが野川の合流点を越えてきている。

二子玉川駅ホームと二子橋の間、合流地点(2016)

f:id:miwa3k:20170623115739j:plain

このときは増水した多摩川のため、もはや1つの川となってしまっているが、このあたりが合流地点。
ここから遡上開始。まず、多摩川と野川の中州にある兵庫島公園側へ渡る。

公園へ渡る兵庫橋のうえから合流点方向(2016)

f:id:miwa3k:20170623115740j:plain

兵庫島公園を通って新二子橋の下をくぐる。
野川が多摩川の堤防から内側に入ってくる、現在自動車学校があるあたりは長いこと工事中で、今でも多摩川堤防付近は工事中扱いになっているため兵庫島先の多摩川河川敷から歩いて行くと通行禁止の柵があるのだけど、その柵は完全に用をなさない状態で、歩いて通る分には何の支障もない。去年歩いたときも同じ状態なのでもう何年放ってあるのやら。

工事中扱いの多摩川堤防側から工事完了しているようにみえる野川の様子

f:id:miwa3k:20170623115741j:plain

吉沢橋

f:id:miwa3k:20170623115742j:plain

かつては玉電砧線(東急玉川線支線)の鉄道橋だったが、廃止後撤去されて一般道の道路橋になった。この橋には玉電レリーフも掲げられている。
野川は多摩川の堤防と分かれたところから上流側はずっと国分寺市に至るまで両岸に歩道が整備されている。

仙川合流点

f:id:miwa3k:20170623115743j:plain

世田谷区鎌田3丁目付近。野川の最大の支流、武蔵野台地の上から流れてくる仙川がここで野川に合流。ここもいつでも工事中、昨年(2016)撮った風景と変化がなかった。工事現場の風景って進捗とともに変化していくと思うんだけど。

東名高速付近(2016)

f:id:miwa3k:20170623115744j:plain

この付近もかなり前から大規模な工事中。東京外郭環状道路とのジャンクションを設置する工事。こちらは1年間で風景は変化していて、1年前は野川右岸側は工事前だったけど、今回は大規模に工事がはじまっていた。川沿いの歩道はいまのところ歩ける状態。

次太夫堀公園脇の歩道

f:id:miwa3k:20170623115745j:plain

次太夫堀公園は、小泉次大夫の指揮により16世紀末ごろ開削された農業用水(六郷用水)にちなんだ公園。用水を復元した流れや、復元した古民家などがあって時代劇のセットのよう。昨年は中へ入ったが今回は入らず。(寄り道編として紹介するかも)

世田谷通りでは下をくぐるのがよい

f:id:miwa3k:20170623115746j:plain

向こうの橋は世田谷通り(都道3号)の中之橋、ここは歩道を行って世田谷通りに出てしまうと周囲に横断できる場所がない。その代り、通りの前後に階段があり河原が歩けるようになっているのでここを通る。

上野田橋と小田急線橋梁

f:id:miwa3k:20170623115747j:plain

小田急喜多見駅にも近い場所。この橋を渡って向こう側へ行くと国分寺崖線の急坂をあがって台地の上は成城の住宅地。

向こうの森あたりが国分寺崖線(の一部)

f:id:miwa3k:20170623115748j:plain

川の向こう側は世田谷区成城4丁目あたり。崖の急斜面は開発がままならず森となっている。野川と段丘の高さの差は20m以上あり、このあたりは特に高低差が大きい。崖線の下には湧水も多くあり、野川はそのような湧水を集めた川といっても良い。大昔の多摩川がつくった崖線に沿って現在は野川が流れているのである。この先も崖線に沿って森があるこのような風景があちこち見られる。

野川緑地広場の神明橋から上流側(2016)

f:id:miwa3k:20170623115749j:plain

昨年は川の水も十分あるのだが、今年はこのあたりでもかなり流れが細かった。
次の谷戸橋で世田谷区から狛江市にはいる。

谷戸橋親柱と野川

f:id:miwa3k:20170623115750j:plain

この付近から先の野川緑地、きたみふれあい広場付近は、かつては支流の入間川(いりまがわ)の流路で、野川は別のところを流れていた。流路と両河川の合流点を人工的に変えて、ここを入間川と合流した野川が流れている。

入間川合流点(2016)

f:id:miwa3k:20170623115751j:plain

手前左側から入間川が合流。

合流点反対側から(2017)

f:id:miwa3k:20170623115752j:plain

2017年の水量の少ないことがよくわかる。水も淀み、藻が繁殖している。梅雨入りは宣言されたけれど雨が降らない。
そして入間川の合流点からさほど離れていない、神代団地の先の小金橋付近で川の水が枯れてしまった。

小金橋のひとつ上流、簑和田橋から(2017)

f:id:miwa3k:20170623115753j:plain

枯れ川となってしまった野川。

その上流側、車橋から京王線橋梁(2016)

f:id:miwa3k:20170623115754j:plain

2016年はたくさんの水があったことが分かる。ちなみにこの付近は2017年からしばらく河川改修工事のため両岸の歩道を歩くことができない。甲州街道の交差地点から上流側は歩ける。
甲州街道を越えて上流側は川に水はあるものの淀んでいて、流れている感じはあまりない。長い池のようになっている。(2017)

逆川の合流点(2016)

f:id:miwa3k:20170623115755j:plain

調布市佐須町2丁目付近。逆川は調布深大寺付近の湧水を集めて流れる小さな川、北の川とも呼ばれる。今回(2017年)通ったときもここから野川へ水は流れ込んでいた。深大寺近くの豊富な湧水が枯れるほど深刻ではないということか。
しばらく行くと中央高速の高架にぶつかる。

中央自動車道高架と野川(2016)

f:id:miwa3k:20170623115756j:plain

中耕地橋から上流側(2017)

f:id:miwa3k:20170623115757j:plain

このあたりはずっと川に水はあって、干上がってはいない。でも川が流れているともいえない状態。(2017)
調布市内は甲州街道からずっと三鷹市の境界にかけて、岸の両側が桜並木になっているところが多く、川の近辺は昭和4,50年代頃に開発されたと思われる住宅街が続いている。

御塔坂橋(おとざかばし)から上流側

f:id:miwa3k:20170623115758j:plain

橋を渡るのは武蔵境通り。この橋が調布市三鷹市の境界となる。

三鷹市大沢5丁目付近の野川

f:id:miwa3k:20170623115759j:plain

国立天文台の下を通る天文台通りに架かる大沢橋を越えたあたり。住宅の向こう側に見えるのは国分寺崖線の斜面沿いの森。このあたりは河原に下りることができるようになっていて、子供たちの遊び場。

野川の旧流路跡

f:id:miwa3k:20170623115800j:plain

左外側に現在の野川が流れているが、右側に分かれているところが、かつて川が蛇行していた跡。埋め立てられて小さな公園となっている。

野川テニスコート付近

f:id:miwa3k:20170623115801j:plain

川の外側に設けられた調整池(集中豪雨などが起きたときにあふれた水を、河川に入る前に一時的に溜める池)となっている場所。向こうに見えるのは調布飛行場の管制塔。

「大沢の里」にある水車

f:id:miwa3k:20170623115802j:plain

この付近は三鷹市が管理している大沢緑地、大沢の里。この先人見街道を越えた先は都立野川公園、その先もまた都立の武蔵野公園と広い緑地が続いている。

野川公園を流れる野川(2016)

f:id:miwa3k:20170623115803j:plain

野川公園は現在都立公園だが、かつては国際基督教大学(ICU)のゴルフコースだったところ。なので現在も公園内にはコースのレイアウトもわかる大きな芝生の広場がある。ちなみに国際基督教大学は現在も公園の北側、国分寺崖線の上にキャンパスがある。

ゴルフ場跡の芝生の広場

f:id:miwa3k:20170623115804j:plain

野川が流れている周辺は国分寺崖線に近く、川の北側は森になっている。崖下からは豊富な湧水が見られ、森の中に自然観察園などもある。

崖下からの湧水をいったん川の近くに流しだし(ここ)、このあと野川に流している

f:id:miwa3k:20170623115805j:plain

この先、野川源流近くまでは次回(その2)へ。