散歩の途中

散歩の途中で観察記録、その後少し調べて書くノート

埼玉

中川を歩く 権現堂公園お花畑から新槐堀川合流まで

名所、権現堂堤の桜、花にまだ少し早かった権現堂公園、菜の花畑から先へ歩きます。 公園内、中川には外野橋(そとのはし)が架かっています。 川をはさんだ公園の南北を結ぶ人道橋です。 橋のたもとから見えるのはみゆき水門 水門の向こうは権現堂調節池、昔…

中川を歩く 杉戸・大榎橋から権現堂公園お花畑

前回の続きを歩きます。3基の庚申塔が近くにたつ杉戸町大塚、大榎橋から出発。 その先ものどかな風景が続きます。 権現堂川用水路(杉戸町大塚) 道路の右側を中川。この用水路は背後で道路を渡り、中川へ合流しています。 権現堂川(ごんげんどうがわ)用水…

中川を歩く 春日部・新4号国道庄内古川橋から杉戸・大榎橋

前回の続きです。話はよりマニアック… 新4号国道越谷春日部バイパス庄内古川橋、上流側から(春日部市水角) 橋のむこうは春日部市クリーンセンター(ごみと下水処理施設)、下水処理水は中川へ放流されます。 庄内古川橋から800mほど上流には農業用水の排水…

中川を歩く 大落古利根川合流点から遡り春日部・新4号国道庄内古川橋まで

東京湾河口から起点のある埼玉県羽生市まで、延長は約84㎞ある中川。これまで途切れ途切れに歩いていましたが、流れの起点まで踏破を目指し埼玉県内の未踏区間を歩きはじめました。 江戸川区葛西の河口から埼玉県越谷市と松伏町境界、大落古利根川の合流地点…

元荒川を歩く その6 熊谷に入って起点まで

元荒川をさかのぼって第6歩目、今回は起点まで歩きます。 前回吹上市街地の流れを追い、街の外れ近くまで。その先で川はJR高崎線元荒川橋梁の下をくぐります。 上流側から 歩道部分、桁下1.5mないかも。 ところで流れは小川ですね。かつての荒川がここを流…

元荒川を歩く その5 旧吹上町界隈の個性的な橋あれこれ

武蔵水路元荒川伏越の近代的な設備と忍川(おしかわ)ののどかな合流風景が隣り合った現在位置は、鴻巣市川面と袋の境界ですが、2005年まで袋地区は吹上町(ふきあげまち)に属していました。同年、吹上町は鴻巣市に編入合併しています。この先しばらく旧吹上町…

元荒川を歩く その4 久喜・旧菖蒲町大御堂橋から武蔵水路元荒川伏越

元荒川、続きを歩きます。 久喜市と桶川市の間に架かる大御堂橋付近から (写ってませんが)大御堂橋自体はごく普通の橋。上は圏央道、前方は上越新幹線。 この先、新幹線線路と元荒川の流れがだいたい同じ方向へ。5回、線路が川を渡ります。橋梁には第1、…

元荒川を歩く その3 蓮田川島橋(なかよし橋)から久喜・旧菖蒲町大御堂橋

前回の続き、元荒川第3歩目。埼玉県蓮田市川島、川島橋から上流へむかって歩きます。 なかよし橋から川島橋、元荒川上流方向 川島橋に隣接の歩道橋は『なかよし橋』。道路橋には川島橋銘板がなく、くっついてる歩道橋に『なかよし橋』とだけ書かれているの…

元荒川を歩く その2 北越谷・出津橋から蓮田・川島橋

元荒川第2歩目。北越谷、近くにある大学の通学路でもある出津橋からスタート。 出津橋〈再掲〉 橋の先で川は大きく方向を変えます。 蛇行部分の外側、東武線線路は川流路に食い込まないよう、わずかに方向修正をしています。 そのすぐ上流側に『宮内庁埼玉…

元荒川を歩く その1 中川合流点から遡って北越谷・出津橋

元、荒川だった元荒川(もとあらかわ)を歩きます。 元荒川は現在、埼玉県熊谷市久下、佐谷田境界を起点として、越谷市中島で中川に合流する延長60.7kmの河川です。元々は荒川の本流でしたが、1629(寛永6)年に利根川と分離する瀬替え工事が行われ、現在の起点…

葛西用水を歩く 会の川合流から遡り利根川・元圦へ

葛西用水をさかのぼって歩き、今回は利根川からの取水口(元圦=もといり)があった場所まで行きます。 会の川(あいのかわ)合流地点(加須市北大桑)から、前回のつづき。合流地点の下流側から〈再掲〉 前方の水門が合流地点、手前は二条の流れができてます…

葛西用水を歩く 大落古利根川起点から遡って会の川合流まで

先に埼玉県東部を流れる大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)を起点まで歩きました。 大落古利根川を歩く 杉戸・清地橋から河川起点まで - 散歩の途中 源流でなく『起点』、水の流れは連続してますが呼び名、行政上の管理などが変わるポイントということで…

葛西用水の逆川部分、瓦曽根溜井から古利根堰を歩く

前回ノートまで記録していた大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)つながりでもありますが、今回は葛西用水逆川(さかさがわ)部分を歩記録〈あるきろく〉しました。 葛西用水は1660(万治3)年に開通した灌漑用水路。埼玉県羽生市の利根川堤防に樋管を通して取…

大落古利根川を歩く 杉戸・清地橋から河川起点まで

杉戸町役場近くの清地橋(せいじばし)は宮代町との境界に架かってる橋で、とタイトルの些細な齟齬にこだわりつつ、ここから今回はスタート。このあたりはずっと大落古利根川が杉戸・宮代町境界となってます。 清地橋上から上流方向 橋を渡ると日光街道杉戸宿…

大落古利根川を歩く 春日部・牛島から杉戸町役場近くの清地橋

大落古利根川をさかのぼって前回、春日部市牛島、牛島人道橋という小さな橋まで来ていました。渡ったところに中川合流点から13㎞の標識がありました。 続きを歩きます。 八幡橋を行き過ぎ、14km標識 ここから前方に見える橋は埼葛橋(さいかつばし) 近くで旧…

大落古利根川を歩く 古利根堰から春日部・牛島まで

前回、中川から大落古利根川へ入って遡り、現在位置は越谷市大吉、葛西用水の分水地点、古利根堰です。 前回の重複画像になりますが、古利根堰で分けられた葛西用水の流れ(逆川) 分水された葛西用水が流れる逆川(さかさがわ)、寛永年間(1640年頃)に古利…

中川から大落古利根川へ歩く 吉川(武蔵野線中川橋梁)から古利根堰

前回中川をさかのぼって歩いたとき、越谷市と吉川市の間に架かる新中川水管橋を渡り、吉川まで来ました。今回はまず中川の続きを歩き、大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)合流点からはそちらに入って上流に向かいます。この日は春日部市街地近くの春日部…

中川を歩く 三郷放水路から吉川

中川つづき、三郷放水路分流地点から先を歩きます。 対岸に三郷放水路三郷水門 水門の背後を横切る高架は東京外環自動車道。 そこから左へ目を転じるとつくばエクスプレス中川橋梁 つくばエクスプレス橋梁をくぐって上流側へ。 新堤防上から 左側畑地は古い…

中川を歩く 葛飾立石から三郷放水路

最近、江戸川、荒川を歩きました。そのとき、江戸時代の利根川東遷+荒川西遷に関連する川べりを辿ってみたいと思いました。 利根川東遷事業 - Wikipedia 〈内容わかりにくいので冒頭の一文だけ貼付:利根川東遷事業(とねがわとうせんじぎょう)は、江戸時…

江戸川を歩く〈一番先へ〉春日部金野井から利根川分派点

江戸川の流頭は茨城県五霞町の利根川との分派点です。利根川を流れてきた水がここで分かれて江戸川に入ります。 前回到達した、春日部市西金野井からさらにさかのぼって分派点まで行ってきましたので記録を残しておきます。 のりかえの春日部駅 東武野田線の…

江戸川を歩く〈もっと先へ〉三郷から春日部(旧庄和町)金野井

江戸川放水路の河口から左岸をさかのぼって流山へ歩いたのが11月でした。そのときはずっと千葉県側を歩き、流山橋を渡って最後に埼玉県三郷へ出ました。 もっと先を目指すことにして、三郷から上流に向かって埼玉県側、右岸を歩きました。今回は三郷市側の流…

江戸川を歩く 放水路河口から流山橋 その3)流山橋渡って三郷まで

江戸川左岸、現在松戸の市街地あたりを遡上中。対岸、葛飾区との間に架かるたくさんの橋梁をくぐって、市の中心部に近づくところから続けます。 堤防にあがります 江戸川はこのあたりで大きくカーブ、90度くらい流れの方向を変えています。 カーブ途中の堤防…

荒川を歩く その6 羽根倉橋から上江橋まで

荒川、笹目橋から上江橋まで歩いた日の後半です。〈その5〉で羽根倉橋の手前(下流側)まで来ていました。 羽根倉橋間近から 荒川河口から37.2㎞の位置にあり、国道463号(浦和所沢バイパス)が通る橋、見た目ちょっと地味ですね。この橋も長く、859.6mあ…

荒川を歩く その5 笹目橋から羽根倉橋まで

6月に河口から歩き始めた荒川、東京・埼玉の境界、笹目橋まで来ていました。8月に笹目橋上流側にある彩湖へ寄り道しましたが、荒川本流のほうを歩かないままで10月になってしまいました。最近ようやく笹目橋の先を歩いてきましたので忘れないうちに記録残…

戸田漕艇場の南縁に沿って歩く

前回、荒川貯水池の彩湖を周回した散歩の続きになります。当初1つにまとめる予定でしたが、長くなったので分けました。こちらは散歩最後のほう、少し短めです。 戸田漕艇場(とだそうていじょう)は埼玉県戸田市の戸田公園内にあるボート競技コース、戸田ボ…

荒川を歩く 〈はみだし編〉 彩湖一周

今年6月頃、荒川の河口から歩いて遡上、これより上流は川の両岸とも埼玉県となる笹目橋まで到達していました。 しばらく進捗が滞ってましたが再開を決め、まずこの先の歩き方プランを作成しようと地図を見ていたら、笹目橋の上流側にある湖の存在が気になり…

荒川を河口から歩く その4 新荒川大橋から笹目橋

前回の続き、荒川左岸、川口市舟戸町の新荒川大橋の下までやってきました。北区岩淵町との間をつなぐ長い橋は国道122号(岩槻街道・北本通り)、かつての日光御成道が通ります。街道には昔、渡船”川口の渡し”があったところです。 新荒川大橋の下から ずっと…

荒川を河口から歩く その3 千住から左岸を新荒川大橋まで

荒川遡上、2日目は千住からスタートします。途中で橋を渡って左岸側を歩き、笹目橋までの行程ですが、その3は途中の川口市舟戸町、新荒川大橋までです。 今回分は荒川の対岸を歩いた3年前の冬の記録と対比できそうです。 東京の荒川を歩く その2 小菅から…

国立から埼玉県境へ歩く

今回は自分の歩いた場所の単純な備忘録です。 国立から埼玉県境付近まで歩いた記録、足あとは多くが住宅街の生活道路に。 スタートは国立市南部、南武線谷保駅から 駅から南へ行けば東日本最古の天満宮といわれる谷保天満宮、その逆方向へ。 フェンスの向こ…

曳舟川跡・葛西用水を歩く (2)花畑川交差から越谷・瓦曽根溜井まで

葛西用水と花畑川(花畑運河)が交差する地点、桜木橋までさかのぼってきました。(2)は、続きを歩き、越谷の瓦曽根溜井(かわらぞねためい)まで行きます。 曳舟川跡、葛西用水、足あと地図今回(2)は青ラインの中間付近、黄色のマークから北へ 花畑川、桜木橋…