散歩の途中

散歩しながら観察して記録してちょっと調べて書くノート

バスク地方とボルドーの旅 その11 サン・セバスティアン、最後雨に降られて帰るの巻

サン・セバスティアン郊外のりんご酒シードラ醸造所から、また街の中へ戻りました。
日本でいえばすでに夕方の時間ですが、まだまだ明るいのであちこち回れそうではあります。

とはいえ午前中晴れていたのに急に雲に覆われて、このあとは雷雨となってしまうのでした。

19時7分の新市街

f:id:miwa3k:20190831133245j:plain

前回その10で最後に貼った写真と同じ通りから。前方はブエン・パストール教会。

テラスでくつろいでいる人たち、まだ午後のお茶の時間です。

 

この日の夕方まではこちら

miwa3k.hatenablog.jp

ブエン・パストール教会(サン・セバスティアン大聖堂)の最後尾部分

f:id:miwa3k:20190831133252j:plain

前回も書きましたが大聖堂はあちこち改修工事中。正面側にある見栄えのする塔が覆われてしまって残念でした。

 

工事中でなかった左側から

f:id:miwa3k:20190831133303j:plain

 

せめて以前訪れたときのものを、と探して
正面側から塔を(2017年)

f:id:miwa3k:20190831133310j:plain

 

大聖堂から旧市街の方へ歩いているうちに雨が降り出しました。

スリオラ橋手前からクルサール(Kursaal)国際会議場方面

f:id:miwa3k:20190831133316j:plain

雨降って濡れるの嫌でちょっと手抜きの絵、いろいろごちゃごちゃして見苦しくなりました。

会議場建物の壁を使って絵が映し出されていますが、こちらをメイン会場として、"JAZZALDIA":ジャサルディア、サン・セバスティアン国際ジャズフェスティバルが開かれていました。毎年7月に行われ、”54”の数字があるように、今年で54回目の開催ということです。

 

旧市街のバルの前

f:id:miwa3k:20190831133328j:plain

人気のこの店はいつもにぎわってます。(”その9”で立ち寄りました)

 

憲法広場(Constitución Plaza)

f:id:miwa3k:20190831133336j:plain

このあたりの店で”停滞”しているうちにすごい雷雨になって、屋根のある回廊の下でしばらく雨宿りとなってしまいました。このときはまだパラソルの下にも人がいましたが、雨が激しくなって役に立たなくなり、誰もいなくなってしまうの30分前です。

 

マンホール蓋も雨にぬれて(おまけ)

f:id:miwa3k:20190831133347j:plain

 

明けて翌日。

昨夜からの雨は前線によるものだったようで、この日も降ったりやんだり。

 

午前中は市場の活気があるので、朝の市場を見るのが楽しいです。

旧市街ブレチャ市場の屋外売り場

f:id:miwa3k:20190831133355j:plain

天気のせいなのか、あまりお客さんはいませんでした。

 

市場の建物地下のバル

f:id:miwa3k:20190831133404j:plain

地下には食料品などを売る店のほかにバルが何軒かあって、朝食もとれます。
この店は午前中に出すトルティージャ(スペイン風オムレツ)が有名で、日本のTV番組などでもしばしば紹介されています。カウンターの中にいる方、わたくし個人的には有名人です。「あ、いたいた」ってかんじ。

 

クルサール国際会議場とスリオラ橋

f:id:miwa3k:20190831133413j:plain

昨日、Jazzaldiaで華やかになっていた会議場の建物。緑と白の特長的な装飾の橋、下の川はウルメア川、この左側はすぐに河口です。

雲がたれこめて風景がいまいちです。

スリオラ橋を渡って対岸から

f:id:miwa3k:20190831133421j:plain

左端、半分切れてますが、5つ星のマリア・クリスティーナホテル、その右隣りはビクトリア・エウヘニア劇場、その背後の山が頂上にキリスト像のあるモンテ・ウルグル。

 

そのホテルと劇場の間がオケンド広場(De Okendo Plaza)
アントニオ・デ・オケンドの像がたってます

f:id:miwa3k:20190831133430j:plain

サン・セバスティアン生まれ、17世紀のスペイン提督。
よく知らないので、”三十年戦争”などのキーワードとともに名前が現れる人ですと書いて検索の取っ掛かりをつけてみました。

 

ギプスコア広場

f:id:miwa3k:20190831133438j:plain

垂れさがっちゃってますが、イクリーニャというバスク地方の旗が掲げられています。国旗よりこちらの旗を頻繁に見かけます。

こちら、広場というよりも庭園の趣き

f:id:miwa3k:20190831133447j:plain

 

コンチャ湾のビーチ沿いまで出てきて

モンテ・イゲルドを望む

f:id:miwa3k:20190831133459j:plain

海の向こう側、頂上に塔と建物の見える山がモンテ・イゲルド。木造のケーブルカーがふもとと山頂近くを結んでいます。

そちらは以前訪れたときの記録が、天気もまあまあよいし、ベターだと思います。

 

miwa3k.hatenablog.jp

ビーチ沿いの広場(Alderdi Eder)、以前はなかったたぶん観覧車の工事中です。

f:id:miwa3k:20190831133510j:plain

 

雨で屋外が映えないので、前回来たときに入らなかった旧市街の2つの教会内部を見てきました。

サンタ・マリア教会(Iglesia de Santa Maria del Coro)
こちらへ着いた日に撮ったファサード

f:id:miwa3k:20190831133522j:plain

18世紀の建物だそうです。装飾が優美です。

内部、主祭壇付近を遠目に

f:id:miwa3k:20190831133538j:plain

 

サン・ビセンテ教会(Iglesia de San Vicente)

こちらは16世紀前半に建造された、サン・セバスティアンでもっとも古い教会です。
こちらも主祭壇付近を

f:id:miwa3k:20190831133546j:plain

内部から見るバラ窓、ステンドグラスも美しいです。

 

入口前の彫刻

f:id:miwa3k:20190831133556j:plain

 

入口付近から

f:id:miwa3k:20190831133604j:plain

前庭にはいくつか彫刻が置かれています。

 

内部にこの教会建物の模型も飾られていました

f:id:miwa3k:20190831133612j:plain

旧市街の建物が密集した場所にあって全体を俯瞰できず、建物の形も変わっているので参考になりました。

 

このバルでお昼ごろの開店時にのみ提供される名物ケーキをおやつ代わりに
3枚の写真真ん中に写っているチーズケーキです

f:id:miwa3k:20190831133620j:plain

 

この日はあまりゆっくり見て回る時間はありません。

そろそろ帰国のための移動となります。

 

サン・セバスティアンから東京へのルートですが、まずビルバオ空港まで地上を移動し、ビルバオからパリ・シャルルドゴールへ。パリで乗り継ぎ東京羽田となります。(AirFrance利用だったので)

サン・セバスティアンからはビルバオ空港行きのバスを利用して1時間半くらい。

ビルバオ空港出発ロビー周辺

f:id:miwa3k:20190831133630j:plain

 

パリ・シャルルドゴール行きはAirbusA318でしょうか?

f:id:miwa3k:20190831133644j:plain

パリまで1時間半程度のフライトです。

 

シャルル・ドゴールでは、いわゆる沖止め。
バスの中から

f:id:miwa3k:20190831133654j:plain

こちらは雨降っていません。

 

パリでの乗継便にはだいぶ時間がありました。

すっかり日暮れて羽田行きAF274便、Boeing777-300

f:id:miwa3k:20190831133706j:plain

ところがこの後、電子機器のトラブルとかで出発が遅れます。

空港に停まったままの状態で食事のサーブという、はじめての経験をしました。

恒例にしてしまった機内食写真、また貼ります。
深夜の食事、地上にて

f:id:miwa3k:20190831133718j:plain

乗客に配られる料理お品書きから抜粋。
シチリア風レモン入り小粒パスタのあっさりサラダ
・鶏肉のシェリー酢風味/刻み野菜
・バター、カマンベール、ロレーヌ産ダムソン・プラムのクラフティ
飲み物は白ワイン、アペリティフシャンパンもいっしょでした。

もう一種類

f:id:miwa3k:20190831133735j:plain

こちらはメインのホットミールのみ異なり、鶏肉がカレーライスになってます。

・ポークカレー/錦米/ニンジン/ジャガイモ/グリンピース

 

遅れましたがフライトはキャンセルされず、真夜中に離陸。

羽田到着前に朝食が出ます。でも遅れた分、日暮れてからの朝食です。どうせ時差ボケなので気にしません。
朝はこれひと種類

f:id:miwa3k:20190831133745j:plain

パン、バター、ジャム
飲むヨーグルト
リンゴの裏ごししたような
マドレーヌ

左のホットミールはお品書きでは「色とりどりの野菜とつぶしたゆで卵」と書いてありましたが、実際は卵と野菜、豆にベシャメルソースかけてオーブンに入れましたみたいな、まあ見てのとおり。
そして飲み物、オレンジジュース。

別にビールやワインでもオッケーでしたが。

 

羽田には出発が遅れた分だけ遅れて到着。さらに飛行機を乗り継ぐ人は大変だと思いますが、バスも電車も動いている時刻だったのでこちらは特に問題なしです。

 

ということで、酒飲んでばかりの旅記録、一件落着です。